【沖縄移住】車はどうしたらいいの?

沖縄移住



車社会といわれる沖縄で生活するには必ず車が必要なのだろうか?”

‟沖縄へ移住する場合、車はどうしたら良いのか?”


今回の投稿では、そんな悩みについて、私の経験や考えを書いてみようと思います。

沖縄で住むのに車が必要なのか?


車社会といわれている沖縄。それは都市部であっても都市部以外であっても同じです。

もちろん都市部以外の人は、車を持っている割合が高いと思います。

住む場所

沖縄本島であれば、那覇市やその周辺(路線バスが多いところ)でないと、車なしの生活は難しいです。仕事選びや生活スタイルなどにかなり制限がかかってくると思います。

北部や中部となれば、路線バスの本数も少なく、外出するにも不便さはあると思います。

 

仕事の場所

車がないと仕事選びにも制限がかかってきます。
職場が、那覇市内の中心部のモノレールが通っているようなところであれば通勤は可能ですが、少し外れた場所になると厳しいと思います。

ちなみに、那覇市の中心部は駐車場の関係で車通勤が難しいところも多いようです。

休日の過ごし方

休みの日にどうやって過ごしたいかによっても、車を持つ持たないが関わってきます。

自然豊かな海や山へ行きたい!><色んなカフェやパン屋を巡って、お気に入りを見つけたい!>というのであれば、移動手段として車は必要だと思います。

これは、実際に私にとって大切なポイントでしたね。笑


上記のような理由から、あくまでも個人的な意見になりますが、沖縄で暮らすには車があった方がいい思います。

私の場合はどうしたか?

もし、移住前に車を持っている場合・・・

①本土で車を処分し現地で購入orリースする
②持っている車をフェリーで輸送する
③本土で新しい車を購入し輸送する

という方法があります。

また、元々車を持っていない場合は、沖縄に来てから購入したり、リースしたりすることになると思います。

私の場合、移住前は新車で買って2年ぐらいの軽自動車に乗っていました。
比較的新しい車なので、買い換える選択肢はありませんでした。
また、気に入っていた車だったことや、フェリーで運輸する場合には後部座に荷物が載せられること(持っていく荷物が多かった)などから、フェリーで車両輸送することにしました。

 

次に、私が実際にフェリーで車両輸送を利用し、感じたメリット・デメリットをまとめてみます。

フェリーで車両輸送するメリット

車内に荷物を積載できる!

本土から沖縄へ引っ越しする場合、引っ越し費用はビックリするぐらい高額になります。
出来る限り、荷物は段ボールに入れてゆうパックで送りましたが、布団類やラック類(解体して)などの大きなものは車に載せました。

車を輸送する費用は、やはり高くつきますが、引っ越し費用を安く済ませることが出来たと思います。

※荷物を積載できるか、どのぐらい積載可能か等は利用する会社によります。車に積載できないものや注意事項もあるので、それは別の記事で書きます。

車を処分したり、新たに購入したりする手間が省ける!

移住(引っ越し)となると、仕事や子育て、家事などと同時進行で、手続きやら荷物の準備やらやることがたくさん!

しかも、それが遠く離れた沖縄への引っ越しとなると、簡単に行き来ができない分、計画を立てて不備がないように進めないといけません。

出来るだけやることは増やしたくないというのが本音です。

フェリーで車両輸送するデメリット

車の受け渡し前後の移動が大変!

車を輸送するには、港へ車を持ち込まなくてはいけないのですが、住んでいる場所に寄っては、港までの移動が大変です。

私が利用した<ヒューマンリレーション>さんでは、値段は上がりますが、関東・関西・九州側のみ自宅まで引取・陸送してくれるプランもあるようです。

車両輸送には24日かかる

フェリーで輸送するには、地域によりますが2〜4日かかります。

車を預けてすぐに沖縄へ行く場合には、受け取りまでに時間があるので、レンタカーを借りる必要があります。
また、受け取りに合わせて沖縄入りする場合も、受け取る時間が決めれているので、飛行機の時間を考えて予約しないといけません。

あと、受け取りの港まで移動の問題もあります。

まとめ

個人的な意見としては、沖縄で住むのは車がある方がいいと思います。

紹介したように、沖縄で車を持つといっても、いろいろな方法があります。
沖縄へ移住するといっても、それぞれに家庭状況や生活スタイル、ニーズなどがあるので、
色んな条件を考えて、検討した上で決めてみてください。

そんなときにこの記事が少しでも役に立てばうれしいです!

フェリーで車両輸送した時の流れや費用については、また別の記事で詳しく書きます!