CBDオイルに副作用や危険性はあるの?

CBD


リラックス効果や睡眠の質の向上など、様々な効果・効能が期待され、
世界中で注目を集めているCBD(カンナビジオール)ですが、ここ数年で日本でも広まりを見せています。

それに伴い、たくさんのCBD製品が日本にも出回るようになり、危険性のあるCBDオイルやCBD製品が出てきているように感じます。

また、CBDについては現在も様々な研究が進められており、まだまだ解明されていない部分が多いののが実情です。
たくさんの効果や効能が謳われるCBDですが、最近の研究では
副作用があるという報告もあります。

今回の記事では、CBDオイルやCBD製品の危険性(副作用やデメリット)について、詳しく説明していきます。

この記事を読めば、より安全にCBDオイルを使うことができるようになります。

CBDオイルの安全性

CBDオイルは、基本的に安全性の高いものと言われており、世界では多数の臨床実験や研究が行われ、様々な論文が公表されています。

これらのエビデンスをもとに、WHO(世界保健機構)は、2017年にCBDについて以下のように報告しています。

 CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である
 公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない

補足説明
忍容性とは、製薬・医療業界の専門用語で『副作用の程度』を示したもの。安全性を示すために用いられ、副作用が比較的軽く、患者が耐えられる程度であれば、「忍容性が高い(良い)」と表現される。

つまり、WHOは『CBDは副作用がほとんどないかあっても非常に軽い』ということを認めているということです。

また、アメリカの国立がん研究所では、『CBDが作用するカンナビノイド受容体は呼吸を作用する脳幹に存在しないので、CBDの過剰摂取によって死亡することはない』という研究結果を示しています。

最大で一日1500mgまでのCBDを長期間摂取しても忍容性は良好であることがわかっているようです。

デメリットも知っておこう

CBDは副作用がほとんどなく、濫用されたり依存症につながる可能性が低く、安全な成分であることを説明しました。

しかし、CBDに副作用が全くないというわけではありません。個人差もあります。

特に、原料や抽出方法、CBDの製造過程によっては、また別の有害な作用が起こり得るため、質の高いCBDを入手しないといけません。

CBDに限った話ではありませんが、良い点ばかりに目を向けるのではなく、デメリットにも目を向け、しっかりと理解した上で、自分にとっての最善を自分自身で選択していく必要があります。

起こり得る副作用

CBDの副作用として報告されているものには、以下の症状があります。

  ▶肝機能障害の可能性
  ▶疲労感、倦怠感
  ▶眠気
  ▶下痢
  ▶食欲と体重の変化
  ▶他の薬物との相互作用が起こる可能性

  

CBDは『副作用がほとんどないかあっても非常に軽い』とは言っても、上記のような症状が副作用として報告されているということは理解しておきましょう。

リラックス効果もあり、眠気を感じる方もおられます。
そういう方は、CBDオイルを摂取後の運転は辞めておいた方がベストです。

また、薬物間相互作用にも注意が必要です。処方薬などを常に服用しているという方は、まずはかかりつけ医に相談するのが望ましいでしょう。

CBDオイルを安全に使うために

では、実際にCBDオイルを安全に使うためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

いくつかの注意点をお伝えします。

少量から始めてゆっくり増やしていく

「じゃあ、実際にどのぐらいの量を摂ったらいいの?」と考えると思いますが、一概に「これだけの量」といった明確なものはありません。

なぜなら、CBDの効果には個人差があるからです。というのも、体質やエンドカンナビノイド・システムの状態は人それぞれ違うから。それは調べて簡単にわかるものではなく、自分自身の身体に合ったバランスを慎重に見つけていくことが必要になります。

また、用量が多ければ多いほど良いとは限りません。いきなり、たくさんの量を摂取すると、副作用が出る可能性も高くなるので、まずは少量から始めましょう。

そこからゆっくりと増やしていき、どのぐらいの用量で自分の身体がどのように反応するかを見定めていくと良いと思います。

用量を増やしていく時も、毎日増やすのではなく、少なくとも数日間から1週間は同じ量を続けてから増やしていくことが大切です。また、増やす時も、必ず少しずつ増していきましょう。

質の高いCBDオイルを購入する

CBD市場がまだできたばかりで急速に成長中であり、しっかりとした規制の枠組みができていません。

CBD自体は安全であるといっても、中には品質が低いCBD製品が実在するのも事実です。信頼できる製品を見つけるための注意すべき点をいくつか紹介します。

原材料の安全性
抽出、製造方法
成分表記(CBD含有量、添加物や香料など)

詳しい内容や説明については、また別の記事で書きたいと思います。

摂取する時間帯やタイミングに気を付ける

起こり得る副作用のところでも書きましたが、CBDを摂るとリラックス効果で眠気を感じる人もいるため、車の運転には十分に注意する必要があります。

初めて摂取する人は、外出する予定がない日や夕方以降に摂取するなど、時間帯やタイミングを工夫してみてください。

また、逆にCBDの摂取量や体質などによっては、目が冴えってしまうという方もいます。もし、CBDオイルを試してみて当てはまる場合には、寝る前の摂取を控えてみてください。

まとめ

今回は、CBDの危険性(副作用やデメリット)というお話をしましたが、CBDは危険だというイメージを持たれた方もいるかもしれません。

しかし、CBDの安全性についてはWHOを認めており、実際にCBDを摂取することで、心や体の調子が良くなったと感じている方もたくさんおられるのも事実なのです。

CBDのメリットだけでなく、デメリットや副作用についても十分に理解し、正しい知識を持った上で、CBDを生活に取り入れていきましょう!